6月のワークショップお知らせ



今年も癒しの香りに包まれる4日間
連続で楽しいワークショップを開催!
28日(水)   ナシエ  講師
幸せを運ぶダーラナホース
オリジナルデザインの可愛いダーラナホースを作りましょう。
講師は北欧好きの
イラストレーター  ナシエさん
実際に北欧に旅し
かなり詳しく楽しい情報をイラストで
紹介する旅の本を出しています。
ダーラナホース ペイントの
イベントでも活躍。

旅のお話も楽しみです。

6/29(木)  松本 康子  講師
グラスサンドアートの
            グリーンインテリア
砂の色でいろいろ楽しめそう。
綺麗に上手に仕上げるポイントを
教われば、次は
グラスや瓶やご自宅にあるガラスの器に
自由なアレンジもできます。
素敵なプレゼントが作れるようになりますね。

6/30(金)  田淵 照代 講師
ローズマリーのボディローションと
マウスウォッシュ
ハーブの芳香蒸留水ができる装置を
先生が準備してくださいます。
カフェパパの摘みたてローズマリーで
出来たて新鮮な蒸留水ができます。
部屋中 アロマ効果たっぷりに。
蒸し暑くなる季節にぴったりの2品を
作ります。


7/1(土)  駒澤 菜穂子  講師
ローズマリー染めのストール
お天気が良ければテラスに広げた
パラソルの下で作業も。
香りと色の変化も楽しむ作業です。
お帰りには、首に巻いていく方も^_^
各日の参加費は
講習費、材料費、ランチ代込み
ランチは、ローズマリーを使った
参加者限定メニューです。
お楽しみに!
お申し込みは、店頭、電話、メールで。

フェルト


4年前の企画展でフェルト作品の
個展をしてくださった
chichi  前田千絵子さん 
(テキスタイルデザイナー)

埼玉のシシ テキスタイル スタジオで
フェルトの基礎の基礎(╹◡╹)♡
参加してきました。



先生のお顔、許可無しなので、半分^_−☆


スタジオには、先生や生徒さんの
魅力的な作品が並んでいるので
あれもこれも作りたい!
参加者それぞれ、何も始まっていないうちから、夢が広がります。




きっちりデザイン・プランを考えたものは
やはり美しいフォルム。 色合い。使い心地の良い
完成度の高い作品になるのだと思います。

テクニックもさまざまあるようですが
初心者としては
制作しながら表れる色や柄の変化
完成形になった時に
初めて見える内側など
思いがけない面白さが
全部楽しいです。


焼物が釜や炉から出て冷めた時
火や空気による計算外の
表情が出る場合と
ちょっと似ている気がします。


もちろん、先生や作家さんは
偶然より経験値から出された
完成度の高い予定どおりがつくれるんですが。


きっちり! かっちり! が苦手なので
基本を学びつつ まずは  偶然! を楽しみます。


完璧に手の平と自分の力で制作の
水フェルトに はまりそうです。



四角は平面の体験。
楕円は途中で乾いてから立体作品に
なる予定。

学ぶことは、まだまだ たくさんあります。

どんな形にしたらいいかな~?

今年の5月


カフェパパのテラスにある
テーブルセットが錆びてるので
連休中に塗り直そう!  と
自宅に持ち帰りました。

ついでに
南風のいい天気なので
外でコーヒーと読書。



サビだらけ^_^  だけど
ちょっとだけ、優雅な気分。


陽射しがつよくて、お肌に要注意!
文字も反射でよく見えないし目に悪い。
と、横に干していた掛け布団を移動して。


いい感じ。





今年は、カーネーションを贈ったり
何をプレゼントしようかな?と
考えることの無くなってしまった5月。


お母さん  ベランダで大事にしていた
植木鉢の花達は
私の家で元気に咲いていますよ~。



カフェパパは花盛り


連休が近づく季節になると
カフェパパのテラスや
コスタボダ マンションの花壇には次々に花が咲き、
葉や枝もぐんぐん勢いが増します。











金沢 2日目


明け方の雨音で、あ~~ぁ。と
思っていたけれど大丈夫。
起きる頃には 雨上がりに。


ホテルの朝食バイキングでは
石川、金沢、加賀、。と書いてある
地元メニューをチョイス。


2日目最初の目的地は、尾山神社。

ちょっと中国風な門を潜ると
清々しい立派な本殿。
その横には 前田利家像とまつの碑


珍しい桜も。


その奥に。  あれ!!
西田さんの作品が!


カフェパパを個展会場に選んで下さった
世界的な鍛鉄作家の西田光男さん。

神社に金箔のカエルを設置してある と
写真やお話で知っていたけれど
ここにある。を記憶していなかったので
ビックリ‼️   凄い奇遇。ラッキー。




流石、加賀百万石のカエル。

ご利益を求めて撫られている証拠が
丸い背中に^_^


凄く得した気分になって、
神社を後にし、道路を渡るとすぐ
金沢城跡に続いています。


良く手入れされている敷地内は
10日くらい前が桜のピークだったのか?
でも新緑が綺麗。


城跡の次は、金沢と言えばの  兼六園


海外の団体バス到着時間にぶつかって
写真のベストポイントは
イー・アル・サン  パチッ!
1人ずつの記念撮影で行列なので パス。


今が手入れの時期なのか
庭師さんがあちこちで、松の剪定。

風物詩の雪吊りはこの季節無し。

広い庭園には、斜めの大木に太い支柱、
いかにも古木や、戦時中の痛手?のような瀕死状態の幹には
手厚い処置?がしてある。

一流の樹木医が関わっているのだろうな。


思いながら 花より団子。

園内の茶席  時雨亭 へ。

抹茶と和菓子を頂いてから、庭を眺める


海外旅行者でもアジアばかりでなく、
ヨーロッパ?アメリカ?からの
バックパッカーも多い。

金沢を選ぶのは、渋い。または日本通?



さあ、次は~~。
今回 一番の目的地。

21世紀美術館。

たっぷり過ごし楽しかった~。
最強目的はこれ!


スイミング プール



これを、この色を 見たかったので、
てるてる坊主に願かけ。
曇ると壁に水紋は映らない。


回廊も美しい。


ヤコブセンのアントチェアー
(ありんこチェアー)がいっぱい並ぶ
ホール


ブループラネット スカイ

部屋・空間が作品。キリッと四角に切り取られた天井。

自然と人工で完成となる作品は
いつも魅力的で好き!



カラー アクティブティ ハウス
三原色が織りなす景色



良く見て!               雲を測る男



企画展

大小・かなりの点数 。
う~~む。見れば見る程、唸る私達。

家族に宛てた絵入の手紙、
小学生から絵の上手さだけでなく
視点の違い。
三つ子の魂。
今の作品に至るには
生まれ持ったものがあってこそ。


と、相変わらず かってな納得で鑑賞。


美術館のカフェも楽しみの一つ。
レンタルきもので、デート中のカップル
いいね。


ビュッフェ スタイルのトレーは
パレット。


お土産は、地酒、きんつば、治部煮、麸
のどぐろ(高いので、小ぶり)



今夜は金沢料理です。

<<前のページ | menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>