FC2ブログ

TEXTILE展 2020









TEXTILEを繊維としてとらえ
繊維を素材に製作する8人の
作品とともに
作者のプロフィールや資料のファイルを
見ていただく展示会です。






小川 敬子さん   藍染
「大樹」 


デザインをおこし綿布に型紙を乗せ染める
藍染タペストリー。
大樹はシリーズで制作されています。

樹々の配置と藍の濃淡で奥行きや広がりを感じ
ます。
http://himawari1749.blog.fc2.com








久保田 陽子さん   ポジャギ
「 Mujige  虹 」
モシ(苧麻).絹糸、手縫い


ポジャギ とは韓国で古くから使われてきた
伝統的な包み布(風呂敷)の総称です。
透け感の美しさ。裏表の全く判らない
細かい手縫いにより
小さい布ピースとピースの重なりが
模様の線になっています。
https://sun.ap.teacup.com/yanja/










駒澤菜穂子さん  草木染
「 私の木 2020年 」


草木染に様々なテクニックを加えた
インスタレーション。
壁面から空間へと続く楽しさのある展示作品
https://ameblo.jp/sikishokuyuyu/
https://sikishokuyuyu.amebaownd.com








齋藤 知子さん  染織
「 剥離 」


木立、霧、深い影、霜柱、
冬の日の景色から織り上げました。
麻生成り糸、麻柿渋(鉄媒染).綿、綿生成り

ドレッシングペーパー    
感性を自由に表現した魅力的な作品
http://tokotoko.blog2.fc2.com/








澤村 麻里子さん   結び
「蝶ボタン」「装飾蝶釦Ⅰ」「装飾蝶釦図Ⅱ」


複雑な結びが特徴で結び自体を鑑賞する
芸術品などにもなっている中国結びの作品
額装の工夫や選び方にもセンスが光ます。
http://manoan.web.fc2.com/








清野 詳子さん  ホームスバン
「ワッフル織のストール」


毛に弾力のあるサフォーク種とチェビオット種の交配種「サッチュピ」という羊毛のストール
微妙な色の組み合わせが美しく
柔らかな織り布で体に馴染みます。
http://seinokoubou.net








菱田 成子さん  スウェーデン織
フィン織2点


2色のコントラストが美しい二重織の絵織物
白は麻糸、黒または濃い茶などの撚りの強い糸と素材の違い糸を使うのが一般的です。
反対面は2色が逆になり、白地に茶色の馬になっています。
http://anchor-peg.com








和泉 めぐみ   フェルト
  「 タペストリーの花挿し 」


試験管使用で生花も飾れます。
どんな草花にも合うように
草、木、石、土、水 のイメージで
色を組み合わせました。
http://cafepapa.info/






それぞれ活躍されている作家さんの作品が
カフェパパに集合し展示される事は
大変貴重でありがたいと思っています。
来年はたくさんの方々に作品を見ていただき
作家さん達とも
楽しく親睦を深めたいと思います。









しあわせを編む魔法の毛糸展



2020年 令和2年の幕開けイベントは梅村マルティナさんが気仙沼に立ち上げた毛糸会社KFSマルティナオパール毛糸とその製品販売展。

今年のKFS新色は、家族の笑顔シリーズに「となりのおばちゃん」「となりのおんちゃん」が加わりました。opalの絵画シリーズは、モネ でした。

市松模様編みの大判ストール↑メビウス スヌード↓ も販売でした。
平和の靴下も人気。
サイズがいろいろで手編み部分もあり沢山は作れないそうです。小原木のタコちゃんも、成り立ちや「繋ぐ」の
役目をしてくれる話をしながらいくつか育ての親の元に旅立ちました^_^
単色10gずつが可愛く並ぶ卵パック^_^
4回目となると、マルティナさんの毛糸で制作した作品を身につけて来場の方が増えてきました。オリジナルの自作セーターや残り毛糸をアレンジした小物など、みんな素敵でした。お客様同士で話も弾む楽しい販売会です。
全てドイツのOPAL毛糸ですが、カフェパパは気仙沼の応援の気持ちからスタートしたので、マルティナカラーとKFSの毛糸にこだわっています。
色の魅力だけでなく 編みやすい洗濯もできて型崩れしない。綺麗で楽しい!と、熱心なファンも多いので次回は、ファン同士が繋がる機会も考えたいなと思いました。
乞うご期待!

クリスマスアート クラフト展




参加してくださったみなさん
ご来店くださった皆様
今年最後のイベント3日間
楽しく賑やかなクリスマス展になりました。
ありがとうございました💗












11名の作品は、写真で全部写っていませんが、
クリスマスプレゼントを見つけにいらっしゃるお客様を思い浮かべながら
丁寧に作られた物でいっぱいでした。
ぜひ、来年もクリスマス展を
楽しみにしていてくださいね。

クリスマスコンサート



カフェパパでは、5回目の
植草ひろみさんチェロコンサートは
17名のお客様の為の贅沢な、でも
温かい楽しいコンサートでした。

今回はフランスのメイエ村の教会で演奏された時の映像とラジオの音楽番組もお持ちの
植草さんの楽しいお話を交えて曲紹介。

(メイエ村からプレゼントされたプレート)
植草さん作曲
「メイエで君を待つ」CD売上の一部は
教会の修復費に寄付されています。
再演奏にメイエ村に行かれた時には、
村の人口以上観客が集まり さらに
曲に歌詞がついて親しまれていたそうです。
素敵なお話!

ショパンの生家の庭で、弾いたノクターン
フランステレビで紹介された映像も拝見。
私がリクエストでお願いした
「 Happy Xmas  」素敵でした❣️
偶然! この日は
ジョンレノンの亡くなった日でした。
この曲のサブタイトルは
「 War is over 」
チェロの音色でさらに
みんなの心に響きます。

お客様が植草さんの他の参加者にも
可愛いプレゼントを配ってくださったりで
とても楽しく和やかな
クリスマスコンサートとなりました。

植草さん、ありがとうございました💗

手造り二人展



宮川亮子さんのさおり織作品
森田真知子さんのビーズ織など
1本の糸からひとつぶのビーズから
素敵な出逢いが


さおり織は生地を切らず形づくるのが基本。
パタンナーの経歴もお持ちの宮川さんが
色の組み合わせ、形の工夫、アイデアなど
着ていて楽しめる作品でした。


とてもいい赤のビーズ作品は人気です
ビーズの取り合わせと
オリジナルデザインの手の込んだアクセサリー

ビーズ織り


オリジナルデザインのブローチ
細かいきっちりしたベースがあって
美しい作品ができるんですね。


たくさんのお客様で盛況の3日間でした。

<<前のページ | menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>