6月の教室、その1


ペーパークイリング



教室スタートから2年目の生徒さんたちは、とても熱心!
初めは、小さな小さなパーツを
くるくる巻いてカード作りからでした。

今はそれぞれの個性やアイデアもはっきり
でてきているようで、
同じテーマの作品でも、
全員ちがう工夫とセンスで素敵です♪

来月は、みなさんの額入り完成品を
見せていただけるかな?(^-^)




かな書カフェです。

かな文字のお稽古の後半は
七夕の短冊。
それぞれの願い事を♪
今月教えていただく折り紙は、
一枚の紙で
織姫や彦星に、とあみ が広がります。

少し早い七夕飾りだけれど
来月は、暑中見舞だそうです。

早い!今年も半分過ぎました。



かな書カフェ 生徒展




今年で3回目になる
かな書カフェの生徒展

カフェパパのテラスに、たくさんの
花が咲く一番華やかな季節の展示会です。



参加者11名は、3種類の課題で出品。





好きな言葉を選んで、好きな字で書く
自由課題。


生徒さんの作品も飾られました。
(縁起物の可愛い摘まみ人形)

かな文字を長く習っている方も、
入って1年になる方も、
一人一人違う万葉集の歌にチャレンジ。

先生が書いてくださった綺麗な流れの
美しい文字に少しでも近づくよう
お手本とにらめっこ♪

展示会に向けて発表となると
それぞれ気合いが入ったことと思います。

来場者の方に、かな書が好き。
少しされていた方が案外多く、
女性は特に
かな文字に憧れがあるようです。

生徒展を重ねてくると、
文字の形だけでなく、かなの成り立ちや
歌の時代背景
配置のバランスなど、
知識を深めることも大切と
気付きも増えてきました。

来年は、こんな感じの作品で
こういう展示はどうでしょう?と
楽しいアイデアも早々出ていました(^^)

お天気に恵まれた展示会。



11月かな書カフェ


金銀などのインクではんこを押し、
ひつじ、羊、短文を書き添えて
素敵な封筒やお年玉袋など作成しました。

かな書を生かして
暮らしのセンスアップを覚えていく
とても良い教室だと毎回思います。






かな書カフェ 生徒展








( 先生の作品と左の短冊は生徒作品 )



かな書展は2回目。
1回目は、先生の作品展でした。

その展示会がきっかけで、
入られた生徒さんも今年は出品者側。

先生が一人ずつ着物の端切れを
マット代わりに額装してくださいました。



彦惣先生の「暮らしの中に書を~」
というテーマの教室は、
基本をしっかり学ぶだけでなく、
書を楽しむ。も特徴的。

ジャズや夏にはハワイアン、
イージーリスニングの流れる中でお稽古。



最後には、毎月季節感のある作品を完成。

それぞれの生徒さんが持ち帰り
自宅の玄関やリビング?
お気に入りの場所に飾っていると思います。


毎月1回目の火曜日と木曜日
どちらかの月1度です。
10:00~12:00

生徒さん募集もしています。
ご興味のある方は見学もできます。



会場の、かな書の体験コーナー↑
展示会は26日までです。

新年の教室は?


新年は 「かな書カフェ」 からスタートです。

1月の生徒展(1月21から26日)は、

各々ちがう詠み人の
百人一首を美しい和紙に清書して出品。

高野切りの一句を短冊に。

オリジナルの作風で参加の生徒さんも。

当日どんな会場になるか楽しみです。
先生のいらっしゃる日かな書のワークショップも予定されています。

お清書を提出の緊張する日でもあったのですが。

折り紙ボランティアをされている生徒さんが格好いい馬を持ってきてくださったので
コーヒータイムにみんなで習いました。





包装紙も良し。
練習の半紙でも、なんだかお正月ぽい馬が完成!




午後は 「 スウェーデン絵織物・水曜クラス」


基礎織の次に全員が織る「アップル」



カーブのいろいろや、ドット柄など学ぶデザインですが、色もカラフルで楽しく
みんなが大好きな作品です。

実はこちらでも最後に
「うま」折りました(笑)

<<前のページ | menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>