店のエントランスについて


コスタボダハウスと連なるアートスペース・カフェパパのエントランス作りは
「ご縁」と言う言葉しか浮かばない 不思議な出会いで始まりました。

図面で見ると、アウトドア用のテ-ブルセットが出せそうな空間が有り
そこから、いろいろなイメージを持っていたずら書きのようなスケッチを描いていました。

色合いや素材をこだわり・シンプルなデザインでもアットホームな小さな庭のようにと
雑誌や自分で街角で気に入ったものを発見すると写真を写しては、
業者に見てもらい こちらの希望を伝えていました。

それでも、伝える事は難しく妥協も出来ず どうしたらいいかと思いながら夏になってしまいました。

猛暑がそれ以上の「酷暑」といわれる日々が続いた7月の末
主人の母の17回忌お墓参りのあと家族だけで訪れた「貝殻亭」
初めて来たのは 亡きお姑さんと一緒でした。

千葉の勝田台にある素敵なレストラン。
入り口ドアノブは、しなやかなブロンズの裸婦です!
店内は豪華客船(乗ったことは無い)のレストランみたいなテーブルやレリーフのガラス・。
・・・長くなるので、とにかく1度は行って見てください。


で・・食事の後レストランの裏手に行き家族に 「ほら これいいでしょ。素敵でしょ。」と
説明しながら、新しいガーデン作り進行中の造成された丘に入って眺めていました。

そこには、作業関係の人が1人いて「、庭が広がってもっと素敵になっていきますね。」と話しかけ、
こちらの庭は本当に素敵だけど 「1坪2坪はお願いできませんよね。」など
造園?ガーデニング施工会社の人と思い込み 聞いてみました。

「出来ますよ。」!! 「それでは、名刺をいただけますか?」となり・・・
一度姿を消し戻ってきたその人から渡された名刺をみると・・・

真っ黒に日焼けし帽子をかぶって 姿勢と言葉使いがとても良い若い人は
名前の上に小さく控えめに  「president」!!  貝殻亭の社長さんだったのです!

クラクラする日差しの強い午後にも、自らレンガを積み植栽をしていたそうです。



その後、打ち合わせや現場確認など他の方が来るのかと思っていたら
全工程の指示にその都度来てくださったので、
昨日全て完了した店頭のしつらえは、まるで貝殻亭の一部のよう。
あちらの庭で咲いたタンポポの種が、ふわふわと舞い上がって
大久保まで飛んできたような、思いがけない流れでした。

北欧風という漠然とした希望をだすと、写真を集め資材を直に見に行って「北欧と言えば・・。」
収集力と研究熱心と自ら率先して動く・・ベースのしっかりしたコンセプト

大きく人気のあるお店をさらに発展させるだけのパワーのある方だと思いました。

実は、レンガや鉄が好きな私は今回の庭の希望を伝えるために
貝殻亭の外側や周辺の写真を撮って、参考にして欲しいと,
それまでの業者さんに提出していたのです。
レストランが素敵だとしても庭のことを聞いてみようとは、思ってもいなかったのです。

新しい事業部門を立ち上げたばかりの所に、ばったり出会ったあの日を思い出すと
主人の母が私達に「 頑張って! 」と応援する意味で引き合わせてくれたように思えます。



いろいろ驚いたり素敵な出会いも頂いて感謝しているのですが、
1番印象的だったのは、レンガを選ぶ時
資材置き場に晴れの日と雨の日と両方見に行き 色合いの様子やすべり具合に状態を
確認してきました。と聞いた時でした。

7月に出会ってしばらく間も開いたりし 実際の施工は1ヶ月というのに
たくさんのエピソードができました。

熱心な社長さんとそのスタッフ・チームの方たちに感謝しています。



「チームのみんな 自分の作品だと思って作っています!」

そういう言葉に私は、とても心が動いてしまうのです。



貝殻亭
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

やなかのんさん

コメントありがとう!
本当におばあちゃんの応援だと思います。
比べ物にならない小さなスペースを
本当にこだわって 作ってくださいました。

しっかり根付いて茂ってくるのが、私も楽しみ。
我が家の自慢のばらが、貝殻亭にお嫁入りしています!

2/12日2時から もしできたらおいでくださいね。

貝殻亭リゾート

一人貝殻亭に行ったのはまだカフェパパさんの改装の話がでていない3月頃の雨上がりの日

一人ランチを食べ旅に出たような気持ちに成りながらいわれある調度品や証明の素敵さに酔いました
道に出て裏にまわると可愛い女性達がスイーツを作っていました

そして素敵な器屋さんこの器の話をいつも友達がしていてなるほどと思いました
まだ庭には薔薇の花はなく花が咲いたらまた来ようとおもいました

パソコンで調べ憧れていたのです

貝殻亭リゾートと言って結婚式も出来るらしい
素晴らしいご縁ですね

私はカフェパパさんにリゾートに行きます
開店首を長くして楽しみにしています

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/63-d34a248f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)