教室ご紹介 3 スウエーデン絵織物


カフェパパで1番最初にスタートした教室で、今年の4月には7年目に入ります。


スウエーデン絵織物      菱田成子先生

五木寛之の「白夜物語」から始まり 北欧にいつか行ってみたいと思っていた私。
実際にスウエーデンの本物?に触れたのが 20代に出会ったスウエーデン織でした・・。




picsay-1326288413.jpg

カフェパパ教室は テーブルの上で木枠と木のスティックを使い 図柄をあてて
少しずつ( 綴れ織・ゴブラン織のように)織り上げて行く絵織物教室です。

デザインも 麻やウールの織糸もスウエーデンのものです。
日本の色合いとまた違った温かい発色や風合いも魅力的。

初心者用に、とても丁寧な細かい指導プリントもいただけるのですが
織りの説明プリントとして、相当貴重なものだと思います。

基本作品を数点作った後は、ほかのデザインの中から好きなものが選べます。

また、ブンデン ・ ローゼンゴングなどの手法は 
先生のオリジナルデザインもあり とても可愛い作品もできます。


北欧の自然(草花・風景・・)や生活などのデザインが多く
何度も行かれている先生から、衣食住、歴史、旅の楽しいポイントなども
話題に出て、いつもとても楽しい教室です。 


上の写真は アップル カーブやドットなどの基礎の練習でもあるのですが
とても綺麗で可愛くて 元気が出るデザインなので
作っているときもですが、生徒みんなが大好きなデザインです。(生徒作品)

( 木枠?スティック?どんな風に織るの? の方は 12月15日のブログを見てくださいね。)



菱田先生のご自宅アトリエでは、大機織教室も開かれています。



アトリエ・アンカーペグブログ
アトリエアンカーペグHP
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/54-9b0738c4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)