習志野ソーセージ




習志野市は1915年から1920年の間
ドイツ兵約1000人が収容されていた
「習志野俘虜収容所」がありました。

その中にソーセージ職人だった
カールヤーン氏らが、
収容所内でソーセージを製造していました

その事を知り農商務省から飯田吉英技師が派遣されソーセージの製造秘伝を公開してもらったそうです。
その後全国の食肉加工業者たちに広がりました。

このことから 習志野市は
「 日本のソーセージ製法 伝承地 」
と、言われるようになりました。

習志野商工会議所パンフレットから


写真は販売また飲食店用の配布ポスター



10/22 土 ~ 11/21月
取り扱い店シールラリー パンフレット



一年前くらいに、新聞記事で知り
問い合わせた時はまだ試食宣伝段階でした

先月メニューにしてみたいな。と
再度問い合わせし、
ソーセージプレートを加えたところで
なんと!
習志野ソーセージのイベントに
タイミング良くぶつかり?ました^_^

1本ずつ包装で販売のちょっと高級品
習志野ブランドとしても
しっかりした味でとても美味しいです。

カフェパパでは、
ローズマリーで軽くボイルした後、
ローズマリーと一緒に焼いて
さらに美味しくお出しします。

「ときどきCafe」の看板が出ている時
HPのカレンダーを見てお越しください٩(^‿^)۶
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/513-76e27be6
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)