初代 波の伊八  写真展


伊八DM

ちょうど一年前の夏。

ときどきカフェ初来店お客様と、
壁に飾ってあった私のお気に入りの水彩画の話に始まり
アート話ですっかり盛り上がりました。


そこで、千葉版の新聞記事などで目にしたことのある
「波の伊八」の名前が出てきました。


話が進むほど伊八作品の素晴らしさ
粗雑に扱われ埋もれていくことがないようにと
熱く話される當間隆代さん。

縁もゆかりも何もない江戸時代の宮彫師を
一人の方が心底ほれ込んで
写真集を自費出版されるまでに
活動されていることに 心から感動しました。


そこで、カフェパパで企画展としてお誘いしました。


実は3年ほど前、ビックサイトでの

インテリアフェアーを回った際
素敵な作家さんに出会っていたのですが、
なんとその方の叔母様です。


ご縁があったのだと思います。



伊八マド


波を彫ることが得意としていたので
「波の伊八」と言われています。

五代にわたった一族ですが
初代  武志伊八郎信由(たけしいはちのぶよし)
が天才的だそうです。


伊八作品のほとんどは、
生まれ育った房総半島を中心に
神社仏閣の向拝・欄間などで彫られています。

rannma.jpg

欄間の枠から頭も尾も飛び出し、
今にも動きそうな迫力は現代アートのようです。

IMG_0701.jpg


IMG_0696.jpg

北斎は波の宝珠を富士山に。
伊八を真似るというより、
この時代モチーフをヒントには
良くあったそうです。

IMG_0694.jpg




あ・うんの対になっている鯉
IMG_0680.jpg



金曜・土曜 1時間ずつのトークタイム

私だけが聞いたらもったいない!

「私と伊八」

というタイトルでいかがですか?と実現しました。

「伊八会」を立ち上げ 会員と作品を巡ったり
プロカメラマンの小田嶋 信行さん(ご友人)と撮影した際の
作品の説明・ 現状・ お寺事情など
楽しく様々なお話が聞けました。


予約席はあっという間に満席!
みなさん とても熱心でした。
IMG_0671.jpg


少しでも多くの方に知っていただきたいと
掲載お願いした各紙面の力もあって
多くの反響があり感謝しています。

実際に見て回っている方、知識のある方など
熱心なファンが 柏市、成田、東金、茂原
遠くは銚子から!!

當間さんと共に予想を遥かに上回る来場者にびっくり!!

私も6日間カフェの用意をしながらも
小耳にはいる話でいろいろな事を学びました。


伊八を見に行くとして そこは神社仏閣。

檀家さんの為には開くけれど、
美術館ではありません。というご住職もいます。

見せていただく以前に、手を合わせるなど
参拝の場所を忘れないマナーや気遣いが大事です。



今回 会場で写真集と作品集を販売しました。
これだけの撮影と点数をまとめるには
多くのご苦労があったと思います。

ご住職に撮影の快諾をいただくよう
何回も足を運び
信頼関係を築くことに
長い時間を費やしてきたはずです。

15年近くもずっと続いている熱意と行動を
江戸時代に亡くなった 伊八が知ったら
どんなに喜ぶかと思います。


写真集・作品集ともに 書店では販売していません。
下記にお問合せください。

「伊八会」 047-477-8629 (當間さん)


追記

動画でもぜひ、見てください。
迫力がもう少し伝わるかと思います。

PCのブログの左横。
FBページの動画。
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/500-f6f63f0b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)