2015東北の旅、その1



2012年、旧カフェパパの食器や炊飯器を
送った先のお店やみなさんは、
どうしてるかな?
気になっていました。

メディアから知る被災地と実際が違う。
と、訪れた方はみんな言っています。

一度ちゃんと、行きたいと思っていました

会いたい人と場所に行くのが目的だけど
どこか少しドキドキ緊張するような感じがありました。

でも、みなさん温かい!
お店や偶然お話した人も
優しくて温かくて強いです。

まずは、辛い体験記憶を
私達に話して下さったみなさんと、
今回2日目から同行して
ガイドやたくさんの出会いを下さったYさん。
本当にありがとうございました。



やっとようやく話せるようなところまで
来た方達なのだと思います。

敢えて話して下さるみなさんの想いは

当時や今の現実を正しく知って欲しいこと
思いもしない事がいつあるかわからない
日頃の防災意識もしっかりさせること。
まず命を大切にすること。
体験者の話を真剣に聞いて心に刻むこと。

そして言葉不足だけど、私なりに
伝えることが、お礼かと思います。



★6/15 第1目的地
陸前高田のりくカフェ



新幹線の一関からレンタカーで1時間30分
写真で見ていた形♪着いた~~\(^o^)/

医療や健康や憩いの場として、
町のほとんどが被災し失われた
コミュニティの場として
NPOりくカフェはスタートしています。


メールで連絡はしてあったのですが、
中に入ってカフェパパです(^_^)と
ご挨拶したら、みなさんが笑顔で迎えてくれました。
お年寄りの健康も考えた
美味しい、ヘルシー、
塩分控え目のりくカフェ・ランチ♪
メンバーの方達と一緒に食べました。
本当に美味しく、味はもちろん
色あい、盛り付けまで心が込もっています

(ランチの歌をゴスペラーズばりの
アカペラハーモニーで、聞かせて貰えました。
楽しかった(^o^))



ケーキセットが出てきた時、
わ~~!カフェパパのお皿だ!
みんなニコニコ(^_^)
フレッシュミントソーダのグラスも。
使ってくれて、ありがと~~う!

初めて会ったのに、
みなさんの温かい笑顔にすっかり
友達みたいな近しさを感じました。




誰でも、気軽に羽を休める場所。
りくカフェ、スタッフさん用の
ネックレスを分けてもらいました。
手が足りない時
お手伝いに行けるものなら
行きたいカフェです。
http://rikucafe.jp



4時終了のあとは、薦めていただいた
大船渡の日帰り温泉へ。




夕方から、大きな雷や大粒の雨が降ったり
晴れ間が見えたりの天候の中
清潔で気持ち良い大浴場に一人。

柔らかい笑顔の会話の中で、
私の何気ない言葉に無神経さが
きっとあっただろう。
観光目的でないつもりだけど、
大勢の方達が避難生活をしたこの温泉に
気持ちいいと、独り占めしている私。

露天風呂が見えたので、出てみると
大きく太い半円形の虹!
ビックリするくらい真っ正面に
湾の左右の陸地を橋のように渡ってる!
消えるまで見ていよう!
しっかりなかなか消えない虹を見ていて

いろんな風に考えてしまうけど
来た事は、良かったんだ。と
言ってもらえたような気がしました。

なんと、パパは見なかったって。
もったいないな。

夢のような虹でした。



その2
陸前高田のガイドを
お願いし、気仙沼、石巻を巡ります。
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/412-d36eafc0
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)