お気に入りの物語


この季節になるとインテリアのように出して置きたくなる本。




みなさんご存知のオー-ヘンリー
「 賢者のおくりもの」
絵、リスベート、ツベェルガー

いいお話ですよね。
この絵が好きです。

中央
「セーターになりたかった毛糸玉」
絵、文は津田直美

毛糸に生まれたからには、
いつかセーターになることを夢見ている(^-^)10個の赤い毛糸玉たち。
ある日おばあさんが買って帰り、おじいさんのセーターを編みますが1玉だけ余ってしまいます。

セーターになれず悲しんでいる赤い毛糸玉の運命は?

可愛い、暖か~~いお話。



「 Pelles new suit」
スウェーデンの人気作家
エルサベスコフ

羊のお世話をしている少年が、自分の羊の毛を刈って洋服を作ってもらうまでのお話。
原毛を紡ぎ糸にし、染め、織、仕立てて完成するまでの流れが、お手伝いをしながら待っている少年と一緒に可愛らしい絵で描かれています。

素朴だけど中身が濃い絵本。


みなさんも、何度読んでもいいな。
この絵が好き。
そんな本があったら背表紙だけしか見えない本棚から出して、飾ってみませんか?
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/296-c75f2be3
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)