本日の教室


毎月 季節のイベントや風物詩を取り入れる 「かな書カフェ」
今回は 暑中お見舞いのはがきです。

年賀状とともに、文字が綺麗だったらいいのにな~。
お習字を習ってみたいな。ふと思いつつ
最近は パソコンや販売している活字の文字になりがち。
しかも、メールで「お元気ですか?」みたいな時代ですが・・。

本当の?墨で心を込めて筆を動かし書かれた文字で
季節の挨拶をされたら、
送り主に会いたくなるかもしれません。

お返事は同じように! といかなくても
「素敵なおはがき ありがとう。」と
声を聞きたくなるかもしれない・・。

印刷の文字より ずっと その人を近くに感じると思います。
私がいつも思うまさに! 「 人のぬくもり 」 が伝わるものだから。



 
素敵な暑中お見舞いの数々。 絵柄もそれぞれ違ったものを制作

DSC_1712.jpg

DSC_1708.jpg





午後からは スウエーデン絵織物教室

来年1月に教室展を開いていただく事になりました。
先生の作品プラス生徒7名。

北欧風?の建物のデザインは同じ。
色を自分で選んで織る事になりました。

細かく13~15色の色を細部に決める作業は
スウエーデンのデザイナーの作品や先生のオリジナルデザインを
織ってきた私達には初めての試み。

宿題のように みんな頭を悩ませつつ糸を選びました。

時計台があるのですが、それぞれ好きな時間を決めてよく
空も青やグレーや・・。

私は(生徒です)夜のダークカラーをベースに、
窓が黄色やオレンジや白などの明かりが灯っているのを考えたかったのですが
離れてみると 家並みがボーっとしそうで、断念。

カラフルな楽しいものにしました。 何時にしようかな~?

7作連なって展示されたらとても素敵になると思います。


DSC_1720.jpg


自分のプランの絵を見ながら 先生に糸のオーダー。

右上にある完成作は 先生作の原案配色。
スポンサーサイト

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム |

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL:
http://artspacecafepapa.blog.fc2.com/tb.php/135-778c10b4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)