10枚の思い出


今回のクリスマス展は
10回目となるので
今までのDMを並べてみました。
懐かし~~い♪



いくつ 覚えていますか?
いくつ 参加されましたか?
いくつ いらっしゃいましたか?


2006   スウエーデン絵織で作りました

2007   主人の母が孫に作ってくれたオーナメントを並べました

2008   絵織「落陽の林」にウールのモミの木を乗せて。

2009   小さな絵織物。縦糸も生かして

2010   絵織 「幸せな鳥」とpicaさんの オーナメント


☆2011☆      建替中で無し
リニューアル後  
アートスペース カフェパパと改名


2012   フィンランドのペーパーヤーン リースをテラスのレンガに。

2013   旧カフェパパで使っていたクリスマス飾り

2014   テラスにあったモミの木に;白樺のオーナメントなど。

2015   ブランケットとペーパーリースを合わせて。

2016   ドイツの緻密な手作りオーナメント



今回はどういうデザインのDMにしようかな~?と
楽しんで作ってきました。


一緒に歩んで来てくださった方々に
感謝です!


今年も楽しいクリスマス展になります!
初めて来てくださる方もどうぞお楽しみに!!


これからも楽しいイベントを企画して
笑顔で過ごせる場所でありたいと改めて思ったのでした♪
スポンサーサイト

秘密の場所


今日は、定休日の月曜日。
遅い梅雨明け宣言はもうすぐの
ここ数日。
朝夕は、肌掛けを足すくらい涼しい。
猛暑の前に草刈りしなきゃ!!
頑張りました!
一人で、45L8袋。
トマトの周りも草むしりして、
雑草除けシートを敷く。
主人は??足を痛めて安静。
頑張りました。
で、3時頃に一人リフレッシュに
ミニドライブして大好きな場所へ。
ホテルのロビーじゃありません。


グランドピアノの心地良いBGM
私好みのインテリア、デザイン、建築
雑誌が置いてあり
自由にゆっくり見たり読んだり。



リーズナブルなカフェで楽しめる。

知ってる人は、知ってる場所。

でも、秘密^_^

明日から6日間、前反響が大きいので
良い展示会になるよう、頑張ります。


2016にわのわ


6/5(日)2日目のにわのわ。



朝雨だったので、
スタッフや出店者のみなさんは大変だな。と部外者なのに心配(^^)

1時頃現地に到着した頃は、
すっかり青空。賑わっていました。

雨上がりの足下もぜんぜを問題なく、
蒸すこともなく、野外のイベントとして
過ごしやすい、いい感じのお天気。




昨年企画展に出ていだいたガラス作家
前嶋さん=nora grass

新作も並びやっばり、「いいな♪」


平均年齢35才くらい?かも。
出店者もスタッフも若い気がする

「にわのわ」

川村美術館から会場が変わって
歴博の方には初めて行ったけれど、
バスも歩きも両方可能な立地になって
良かった。

佐倉の城跡と歴史ある周辺の街も
一緒に盛り上がる形に広がり
たった数回で人気のクラフトフェアに
なってきました。

森林に囲まれている会場や
城下町という意味でも、
松本クラフトと共通点もあり
これから本格的に
全国に知れるイベントになると確信。

新しい若々しさで妹?弟分?
みたいな感じで、育っていくのだろうと
思います。







最近は、クラフトフェア、マルシェ、
○○市の他
ネット販売も盛ん。

手作りの発表の場が増えて、
参加者もお客様も楽しい。

続けてイベントを回ったところ
どこも若い作家さんのパワーが溢れてる
と思った。


佐倉全体が元気良くなっていいな。
また、普通の日に街巡りしてみよう。


モノマチ巡り


浅草橋~蔵前~御徒町にかけての四方を
歩きながら「街」と「物」の魅力に触れる
3日間のイベント。

「モノマチ」にいってきました。



まずは、インフォメーションセンターで
レンタルサイクルと地図を片手に出発♪



サイクリングは予定ではなかったけど
ものすごく久しぶりに乗って楽しかった♪

前回は、見逃してしまった
「デザイナーズ ビレッジ」
今日の第1目的地です。


廃校を利用し
ファッションやデザイン関連のビジネスを
対象とした台東区の創業支援施設。

入居募集要項の中には
台東区で創業を予定している。
創業5年以内の企業や個人。
と、あります。

普段はアトリエの部屋が一般に解放され
入居者達のグループ展的な部屋と
既にブランドを立ち上げた
卒業生の展示販売の部屋に。

アパレルやジュエリー、皮製品が多かった


部屋の奥は、ガラス作業所。




ファッション品ということで
平面アートはほぼ無い。
いろいろな部品や素材の問屋、小売店
他にも、靴やバッグの職人さんも
もともと多い街。

新しく若い感覚のデザイナーやお客様を招き
活性化する面白い試み!

台東区に子供の頃住んでいた主人は
とても嬉しい発展だったみたい♪

2つ目の目的地は、

御徒町駅と秋葉原駅の間くらいの高架下。
上手な立地利用!

ワークショップもあちこちで。




小さいイヤリングを買いました。
可愛いラッピングは嬉しい♪
ディスプレ―のカスミソウを少しだけ
瓶のシールに挟んでくれました♪




★おまけ★

あれ~~?馬が?!


今日は、湯島天神祭の日だったらしい。
狭い道路で馬もちょっと大変そう。





稲毛のヨットハーバー


仕事の帰りに寄りました。
夏の陽射しの午後。

土日はウィンドサーフィンの
カラフルな帆がいっぱいの海だったと
思うけど、今日は月曜。

あまり風もない時間だったからか、
海原は静か。


ヨットハーバにある建物の最上階は、
ぐるっとガラス張りのレストラン。

ランチタイムに入るとカップルや女子会が
バイキングを楽しんでいます。

窓から見える海は晴天でも
薄い雲がベールをかけてるような空のため
マリンブルーにはならず残念。


スッキリ晴れていれば三浦海岸や
富士山も見える場所。


武蔵野が実家の私は海に行くなら
江ノ島や七里ヶ浜、いわゆる湘南海岸

結婚してからの千葉の海は
勝浦や守谷海岸

綺麗な海の景色はそれぞれに
いいと思うけど、大きな違いは
海岸沿いのお店の違い。

今ほどでなくても、湘南方面は
海に遊びに来た感の
お洒落なデッキや
内装のカフェやレストランがあった。

千葉は海の家、さざえ、焼きはまぐり、
頭に手拭いのおばさんが
気さくに声をかけてくれた。

湘南といわれる海岸あたりは、
近隣の米軍や映画や何だかんだで
楽しむ海っていう発展もあるから。
何と言っても
パシフィックホテルがあったしね。

千葉は働く海、生活の海、
遊びは潮干狩り。


千葉に住むことになった頃感じた
私の勝手な分析です(^_^)

それでも、.幕張が開発されたころから
ヨットハーバや花の美術館、海岸公園
房総だって神奈川からもわざわざ?
来るくらいの
サーファーに人気の海もあり
すごく変わったと思う。

それでも、海は一つ。

繋がってるのだから、同じ。

すっかり千葉県人になった今は、
青い海を見ることができれば
どちらでもいいのです。




| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>