金沢 2日目


明け方の雨音で、あ~~ぁ。と
思っていたけれど大丈夫。
起きる頃には 雨上がりに。


ホテルの朝食バイキングでは
石川、金沢、加賀、。と書いてある
地元メニューをチョイス。


2日目最初の目的地は、尾山神社。

ちょっと中国風な門を潜ると
清々しい立派な本殿。
その横には 前田利家像とまつの碑


珍しい桜も。


その奥に。  あれ!!
西田さんの作品が!


カフェパパを個展会場に選んで下さった
世界的な鍛鉄作家の西田光男さん。

神社に金箔のカエルを設置してある と
写真やお話で知っていたけれど
ここにある。を記憶していなかったので
ビックリ‼️   凄い奇遇。ラッキー。




流石、加賀百万石のカエル。

ご利益を求めて撫られている証拠が
丸い背中に^_^


凄く得した気分になって、
神社を後にし、道路を渡るとすぐ
金沢城跡に続いています。


良く手入れされている敷地内は
10日くらい前が桜のピークだったのか?
でも新緑が綺麗。


城跡の次は、金沢と言えばの  兼六園


海外の団体バス到着時間にぶつかって
写真のベストポイントは
イー・アル・サン  パチッ!
1人ずつの記念撮影で行列なので パス。


今が手入れの時期なのか
庭師さんがあちこちで、松の剪定。

風物詩の雪吊りはこの季節無し。

広い庭園には、斜めの大木に太い支柱、
いかにも古木や、戦時中の痛手?のような瀕死状態の幹には
手厚い処置?がしてある。

一流の樹木医が関わっているのだろうな。


思いながら 花より団子。

園内の茶席  時雨亭 へ。

抹茶と和菓子を頂いてから、庭を眺める


海外旅行者でもアジアばかりでなく、
ヨーロッパ?アメリカ?からの
バックパッカーも多い。

金沢を選ぶのは、渋い。または日本通?



さあ、次は~~。
今回 一番の目的地。

21世紀美術館。

たっぷり過ごし楽しかった~。
最強目的はこれ!


スイミング プール



これを、この色を 見たかったので、
てるてる坊主に願かけ。
曇ると壁に水紋は映らない。


回廊も美しい。


ヤコブセンのアントチェアー
(ありんこチェアー)がいっぱい並ぶ
ホール


ブループラネット スカイ

部屋・空間が作品。キリッと四角に切り取られた天井。

自然と人工で完成となる作品は
いつも魅力的で好き!



カラー アクティブティ ハウス
三原色が織りなす景色



良く見て!               雲を測る男



企画展

大小・かなりの点数 。
う~~む。見れば見る程、唸る私達。

家族に宛てた絵入の手紙、
小学生から絵の上手さだけでなく
視点の違い。
三つ子の魂。
今の作品に至るには
生まれ持ったものがあってこそ。


と、相変わらず かってな納得で鑑賞。


美術館のカフェも楽しみの一つ。
レンタルきもので、デート中のカップル
いいね。


ビュッフェ スタイルのトレーは
パレット。


お土産は、地酒、きんつば、治部煮、麸
のどぐろ(高いので、小ぶり)



今夜は金沢料理です。
スポンサーサイト

金沢1泊2日の旅


母娘の旅、金沢に行ってきました。
初北陸です。

数日前から 雨だ。嵐だ。と

心配な天気予報に、出しました。
我が家のお守り。


脅かされていた天気も大した事なく
東京駅に着き
北陸新幹線かがやき  🚄   約2時間半で


金沢に到着。


11:30にはバスで  東茶屋街へ。
重要文化財指定の街は、
格子戸が特徴で看板はでてるけど
何のお店か近づいてみないと
中の様子が見えにくい造り。


金箔、九谷焼、山中塗、きんつば、お麩
カフェや料理屋が多い。


十月亭で
「武士の献立」という人気メニュー


加賀料理の華やかさはないけど
一品ずつ吟味された美味しいランチ。



金箔体験は、蓋物をチョイス。




思いがけない  サプライズその1

旅案内所のディスプレイに
目が止まった。

これ何??


作者のお店に行きたい!
急遽  目的外の突然行動。


辿り着いて、そのまま
ピールアート の体験へ。

私の作品。何で出来てると思う?
オレンジの皮🍊  ピールです。

生のオレンジの中身は、食べるのです。
捨てる所は無い!

アイデアとポリシーが素晴らしい!

とにかくパワフルな作家さんとの3時間たっぷり、お話ができて不思議な体験





創作料理の夕食で利き酒などして
なんだか面白かった 一日目終了。



10枚の思い出


今回のクリスマス展は
10回目となるので
今までのDMを並べてみました。
懐かし~~い♪



いくつ 覚えていますか?
いくつ 参加されましたか?
いくつ いらっしゃいましたか?


2006   スウエーデン絵織で作りました

2007   主人の母が孫に作ってくれたオーナメントを並べました

2008   絵織「落陽の林」にウールのモミの木を乗せて。

2009   小さな絵織物。縦糸も生かして

2010   絵織 「幸せな鳥」とpicaさんの オーナメント


☆2011☆      建替中で無し
リニューアル後  
アートスペース カフェパパと改名


2012   フィンランドのペーパーヤーン リースをテラスのレンガに。

2013   旧カフェパパで使っていたクリスマス飾り

2014   テラスにあったモミの木に;白樺のオーナメントなど。

2015   ブランケットとペーパーリースを合わせて。

2016   ドイツの緻密な手作りオーナメント



今回はどういうデザインのDMにしようかな~?と
楽しんで作ってきました。


一緒に歩んで来てくださった方々に
感謝です!


今年も楽しいクリスマス展になります!
初めて来てくださる方もどうぞお楽しみに!!


これからも楽しいイベントを企画して
笑顔で過ごせる場所でありたいと改めて思ったのでした♪

秘密の場所


今日は、定休日の月曜日。
遅い梅雨明け宣言はもうすぐの
ここ数日。
朝夕は、肌掛けを足すくらい涼しい。
猛暑の前に草刈りしなきゃ!!
頑張りました!
一人で、45L8袋。
トマトの周りも草むしりして、
雑草除けシートを敷く。
主人は??足を痛めて安静。
頑張りました。
で、3時頃に一人リフレッシュに
ミニドライブして大好きな場所へ。
ホテルのロビーじゃありません。


グランドピアノの心地良いBGM
私好みのインテリア、デザイン、建築
雑誌が置いてあり
自由にゆっくり見たり読んだり。



リーズナブルなカフェで楽しめる。

知ってる人は、知ってる場所。

でも、秘密^_^

明日から6日間、前反響が大きいので
良い展示会になるよう、頑張ります。


2016にわのわ


6/5(日)2日目のにわのわ。



朝雨だったので、
スタッフや出店者のみなさんは大変だな。と部外者なのに心配(^^)

1時頃現地に到着した頃は、
すっかり青空。賑わっていました。

雨上がりの足下もぜんぜを問題なく、
蒸すこともなく、野外のイベントとして
過ごしやすい、いい感じのお天気。




昨年企画展に出ていだいたガラス作家
前嶋さん=nora grass

新作も並びやっばり、「いいな♪」


平均年齢35才くらい?かも。
出店者もスタッフも若い気がする

「にわのわ」

川村美術館から会場が変わって
歴博の方には初めて行ったけれど、
バスも歩きも両方可能な立地になって
良かった。

佐倉の城跡と歴史ある周辺の街も
一緒に盛り上がる形に広がり
たった数回で人気のクラフトフェアに
なってきました。

森林に囲まれている会場や
城下町という意味でも、
松本クラフトと共通点もあり
これから本格的に
全国に知れるイベントになると確信。

新しい若々しさで妹?弟分?
みたいな感じで、育っていくのだろうと
思います。







最近は、クラフトフェア、マルシェ、
○○市の他
ネット販売も盛ん。

手作りの発表の場が増えて、
参加者もお客様も楽しい。

続けてイベントを回ったところ
どこも若い作家さんのパワーが溢れてる
と思った。


佐倉全体が元気良くなっていいな。
また、普通の日に街巡りしてみよう。


| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>