芸大×スウエーデンハウス


市川にあるスウエーデンハウス
(住宅展示場内)に行ってきました。

IMG_0877.jpg

千葉幕張の同社モデルハウスに
私のスウエーデン絵織物数点を
お貸ししていたのがご縁で
お知らせをくださったのだと思います。


芸大 × スウエーデンハウス

「第3回東京勢術大学染織専攻ー夏のしつらえー」展


研究室の教授や現役生徒たちが
スウエーデンハウスの下見や
現地の生活など知識を得て
テーマに沿ったイメージを制作展示しています


もともと内装や建物に興味があるので
住宅展示場はなんだか好きなのですが
特にスウエーデンハウスは 
建物もインテリアも
建て替えの予定は全然ないのに、
詳しくなるほど好きです。(笑)

普通はテキスタイルも雑貨も家具も
北欧系で纏まっていることが多いのですが
今回は、2階建ての家全体に
作品が展示で新鮮でした。



業者と違う、学生らしい、入口の可愛い看板

IMG_0821.jpg

女性スタッフさんが、
気持ちよく内見と
作品紹介もしてくださいました。


頂いたプリントには、


芸術作品はギャラリー空間だけでなく
暮らしの中にあるべきものと考え

「夏のしつらえ」 と題して(中略)

実際の住宅空間に合わせて
作品を制作、展示いたします。



素晴らしい試みだと思います。

染織研究室なので「布」系が作品です。

q.jpg


IMG_0831.jpg

IMG_0834.jpg


IMG_0846.jpg

IMG_0847.jpg

IMG_0855.jpg

IMG_0862.jpg


a.jpg

全作品ではありませんが、
どれも楽しく涼しく魅力的。

布1枚で空間の空気も変わります。

やっぱり 私は「布」が好き! 

と改めて思いました。




旧カフェパパで「金属とガラス」展があり
作品と共にファンの多い作家さんを
思い出しました。


毎年銀座でグループ展をされていました。
コンクリートの無機質なギャラリーと
同じ作品を展示にと
木造の障子窓もある8坪ほどの
アットホームスペースを選ばれました。


180度違うような会場でしたが、
来場者の方たちが
銀座でも見たはずなのに、
違うもののように思える。
自分の家のあの場所に、置きたい。と
置物や照明をお求めになりました。


会場によって同じものでも
鑑賞する作品として見えたり
生活の中にイメージできるものに見えたり
違ってくるものなんですね。
と作家さんと実感したのでした。



作品は、見せる。使う。生かす。

実用品に限らず
誰かの暮らしを豊かにするものであるべき。



今回の主旨にとても共感しました。


★8/30まで開催されています。
平日に行かれることをおススメします。



スポンサーサイト

# 展示会巡り


木曜日、友人知人の展示会巡り。

運良く? 涼しい小雨の朝。
帰宅は遅くなりそうと、夕食を用意して
11時ころに出発。

まずは JRで新日本橋から徒歩2分。
小津和紙ギャラリー

「三思展」


藍・草木の型染・・小川敬子さん

染織・・斉藤知子さん
(お2人は、カフェパパで展示・イベント参加の繋がり)

書・・佐藤顕弘さん
(毎年 船橋のグループ展に出品。いつも楽しみ)

書・・藤根厚華さん
(初参加の方。お会いできませんでした)

4人の作品がバランスよく
落ち着いた展示会。
毎年恒例なので、
新作や展示会自体の変化・進化も楽しみです。



銀座線に乗り、渋谷へ。

Bunkamura
サマークラフトコレクション


カフェパパで素敵な布地バッグの
アドバイスをしてくださる
小林智香子さんが出店


センス良いデザインの
気の利いたアイデアが使いやすい、
キルトのテクニックが生かされています
(キルト作家さんです)




他の出店者の方とも、
あれこれお話した後に、もう一つ。


井の頭線で明大前で
京王線に乗り換え、聖蹟桜ヶ丘へ。

京王ギャラリー。



昨年出会ったガラス作家さん。
クリスマス展で完売した、
可愛い雪だるまの作者です。


石川県でご夫婦でガラス工房を持ち、
ホテル展示や特注ご希望の
引出物や卒業記念制作、体験も
広く活躍されています。


美しい透明の作品も作られていますが
私は一年中使える
色付きの作品が可愛いと思います。


冷たいのに暖かいガラス。


みなさんにも、ぜひ見て頂きたいと
思っています。

展示会&ギャラリー


前田千絵子展 記憶の爽

3/5土 17:00まで

奥野ビル 巷房1,2階段下



ウールにシルクが繊細に寄り添う
マフラーや、ベスト、バッグなどの
フェルト展示をカフェパパで
してくださった前田さん。

フェルトをメインとする
ファイバーアート作家さんです。

作品素材や色合いと同じように、
温かな笑顔とお人柄。
装う部門の作品と別に
空間アート作品は、芯を感じる力強さと迫力。
イメージの世界が展開されていました。





許可を頂いてアップしていますが、
実際の色合い、
風合いはお伝えできないのが、残念です。



ギャラリーの場所は、知る人ぞ知る
銀座の奥野ビルの中。

銀座の展示看板の見にくさ、小いささは、
解っているけど、どこ?どこ~?

外には無く、入ってすぐの全室ポストに!


奥野ビルと言えば、必ず話に出るのはこれ。

手動の二重扉

ジャンヌモローを思い出すのは、歳がわかりますよね♪

階段も。


各部屋が賃貸。事務所あり、
アンティークのお店あり。
そして、3坪くらいからの
いろいろな広さのギャラリー。
それぞれオーナーがいます。

80才近いとお見受けした
真っ赤なセーターの似合う
オーナーさんとお話ししました。

ご自分のガッシュ作品と陶芸作品のコラボ
若々しい優しい絵でした。

「住んでいる方は、いるんでしょうか?」

「私が入って来た頃は、女性が3人住んでいて、
最後の人が100才で無くなられてから
誰も住んでいない。」

とても小さい女流画家さんは、
何十年前から、この部屋で
オーナーをしているのかな?

お聞きするのを、忘れた・・・。


また、行って他の扉を
一つずつ開けてみたいな。


鎌倉の展示会


友達の展示会に鎌倉まで行ってきました。

10人10色染織展

左) グループの指導者、富岡佳代子さん
鳥のラインも織り込まれている竪機織

右) 友人の裂織物






初めて見ました。
梅苔染めの鮮やかな色。
確かに我が家の梅の木にも付いている気がする苔。

自然素材の持つ色素は計り知れない。
まだまだ未発見のものがあるのだと思う。


今回はギャラリーに着くまでハプニング。

京成→都営地下鉄→京急で1本
(横浜にはいつもこれ)

横浜で乗り換える予定が
ぼーっとしてた。

あれっ!て気がついた時は金沢八景。
慌てて降り、鎌倉行きのバスに乗り
無事鎌倉に到着!

スマホのアプリは本当に助かります♪

金沢八景から鎌倉までのバスは
切り崩した崖の多い山道。
紅葉の中を走り、
箱根の裾野をドライブしているみたい。
思いがけずちょっと得したルートでした。

鶴岡八幡宮を背に駅に向かって
バスが曲がると
ビックリ!

「段葛」工事中で、ず~~っとフェンス。
参道修復なら、わかるけれど
両側の木々も全てない!!

並木も新しくするということ??

スピニングパーティ2013


ずっと気になっていたスピニングパーティーに行ってきました。

このイベントは糸紡ぎから始まる、染める、織る、編む、組む、縫うなどに関わる人たちの発表、交流の場です。

晴海埠頭の2会場で94出店を
ぐる~~っと見てきました。

スウェーデン絵織物の先生のブースもありお邪魔したのに、なんとその場の写真をわすれた!
すみませ~~ん(*_*;

織機がいろいろ。
羊の原毛を各国がオリジナルな手法で表現








ぜひ作品をもっと見たい作家さんに会いました。ご縁があったら嬉しいな。


小さいもの好き、また可愛い家発見!


可愛い人も発見!
モンゴルから日本に(^o^)
日本のとちょっと違う風合いの
素敵なフェルト作品が楽しい♪


疲れた~~けど、行って良かった♪

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>