FC2ブログ

・・・ ArtSpace CafePaPa カフェパパ 便り・・・
/


     

アートスペース・カフェパパはカフェ付きレンタルスペースです。 HPからのメルマガ登録で毎月展示などのお知らせをお送りしています。
HP  http://cafepapa.info/

お元気でか?


3月に2回OPENした後、ずっとCLOSEです。
みなさん、お元気ですか?
楽しく元気にしている。とは言えませんが
体調を崩さず日々過ごされていれば
なによりです。


カフェパパのテラスはモッコウバラの季節を
終了し、駐車場入口のゴミ箱に
毎年カチューシャのように被さる
ジャスミンも終わりに近づきました。


季節は、一つずつ 始まって必ず終わり
次の景色に向かって進んでいきます。
窓のタペストリーも草花に変えました。


実が熟して赤くなるラズベリーも、いつもは
生徒さん達にどうぞ。って
帰りに食べてもらうのだけど、
なんだか良く見てあげないうちに、
ほぼ終了。




美味しいでしょ。可愛いでしょ。と褒めるのは
こちらの勝手で、花が咲くのも実が成るのも
自然は次の世代に種を残したり、
来年また同じように咲くために
無我の境地で生きているのかな?










赤ちゃんが笑顔や寝顔で存在するだけで、
癒されて周りを幸せにしてくれるように、
今は次々咲く花や新緑や青空、夕焼けを
目にするだけで平穏な気持ちになります。


「人と会わない。」「近づかない」 が
また会える日の為に一番の有効手段。
誰も明解に終息を言えないので、
やるしかないです。


いつまでか、わからないけど
少なくても今の季節が 自然が
元気に生き生きと輝く季節で
救われるな。と思います。


新聞広告から2つ


↑白衣の会社が出しました。


そうだよね。
ドラえも~ん!













スポンサーサイト



キングカズのメッセージ






キングカズのオフィシャルサイトから「日本の力をみせる時」
セルフ・ロックダウン❣️


すべての行動が制限されるわけでない緊急事態宣言は「緩い」という声がある。でもそれは、日本人の力を信じているからだと僕は信じたい。
きつく強制しなくても、一人ひとりのモラルで動いてくれると信頼されたのだと受け止めたい。


戦争や災害で苦しいとき、隣の人へ手を差し伸べ助け合ってきた。
暴動ではなく協調があった。日本にはそんな例がたくさんある。
世界でも有数の生真面目さ、規律の高さ。それをサッカーの代表でも日常のピッチでもみてきた。僕らは自分たちの力をもう少し信じていい。日本人はこういうとき、「やれるんだ」と。


「都市封鎖をしなくたって、被害を小さく食い止められた。やはり日本人は素晴らしい」。そう記憶されるように。力を発揮するなら今、そうとらえて僕はできることをする。
ロックダウンでなく「セルフ・ロックダウン」でいくよ。
自分たちを信じる。僕たちのモラル、秩序と連帯、日本のアイデンティティーで乗り切ってみせる。そんな見本を示せたらいいね。





カフェパパが一番綺麗な季節です
ブラインド締めてると寂しいので
明るくしてみました。






スマイル忘れずに 乗り切りましょう‼️











コロナの終息を願います。




今年になって中国に始まり
世界中に新型コロナ感染が広まりました。


カフェパパも3月の休業決定は2月半ばで
気持ち慎重派にも思われたかもしれません。
それでも、4月には少し落ち着くかと
期待を込め教室やワークショップ用に
美味しいスウィーツも用意していましたが
無駄になるところ、ご近所さん方にお分けしました。




残念ながら、状況は悪化し治療や特効薬も
発表されず出口やその光さえ見えないままです




未体験の毎日は「自粛」の言葉と空気に
覆われています。


それぞれの生活環境や
家庭、個人の事情がある暮らしは
先が見えない不安でいっぱいです。




ストレスも溜まりますが、少しでも
楽しい時間を持って無事乗り越えた後に
「あの時は、、」と
工夫して過ごした日々を
話題にできるようになればいいなと思います。




みなさまも、くれぐれもお体に気をつけて
お過ごし下さい。




(公民館はすっかり無くなりました。
目の前の図書館はどうなるのか?工事中)





落ち着いたら、またカフェパパで
美味しいコーヒーなどと一緒に

楽しい時間を過ごしてくださいね。






TEXTILE展 2020









TEXTILEを繊維としてとらえ
繊維を素材に製作する8人の
作品とともに
作者のプロフィールや資料のファイルを
見ていただく展示会です。






小川 敬子さん   藍染
「大樹」 


デザインをおこし綿布に型紙を乗せ染める
藍染タペストリー。
大樹はシリーズで制作されています。

樹々の配置と藍の濃淡で奥行きや広がりを感じ
ます。
http://himawari1749.blog.fc2.com








久保田 陽子さん   ポジャギ
「 Mujige  虹 」
モシ(苧麻).絹糸、手縫い


ポジャギ とは韓国で古くから使われてきた
伝統的な包み布(風呂敷)の総称です。
透け感の美しさ。裏表の全く判らない
細かい手縫いにより
小さい布ピースとピースの重なりが
模様の線になっています。
https://sun.ap.teacup.com/yanja/










駒澤菜穂子さん  草木染
「 私の木 2020年 」


草木染に様々なテクニックを加えた
インスタレーション。
壁面から空間へと続く楽しさのある展示作品
https://ameblo.jp/sikishokuyuyu/
https://sikishokuyuyu.amebaownd.com








齋藤 知子さん  染織
「 剥離 」


木立、霧、深い影、霜柱、
冬の日の景色から織り上げました。
麻生成り糸、麻柿渋(鉄媒染).綿、綿生成り

ドレッシングペーパー    
感性を自由に表現した魅力的な作品
http://tokotoko.blog2.fc2.com/








澤村 麻里子さん   結び
「蝶ボタン」「装飾蝶釦Ⅰ」「装飾蝶釦図Ⅱ」


複雑な結びが特徴で結び自体を鑑賞する
芸術品などにもなっている中国結びの作品
額装の工夫や選び方にもセンスが光ます。
http://manoan.web.fc2.com/








清野 詳子さん  ホームスバン
「ワッフル織のストール」


毛に弾力のあるサフォーク種とチェビオット種の交配種「サッチュピ」という羊毛のストール
微妙な色の組み合わせが美しく
柔らかな織り布で体に馴染みます。
http://seinokoubou.net








菱田 成子さん  スウェーデン織
フィン織2点


2色のコントラストが美しい二重織の絵織物
白は麻糸、黒または濃い茶などの撚りの強い糸と素材の違い糸を使うのが一般的です。
反対面は2色が逆になり、白地に茶色の馬になっています。
http://anchor-peg.com








和泉 めぐみ   フェルト
  「 タペストリーの花挿し 」


試験管使用で生花も飾れます。
どんな草花にも合うように
草、木、石、土、水 のイメージで
色を組み合わせました。
http://cafepapa.info/






それぞれ活躍されている作家さんの作品が
カフェパパに集合し展示される事は
大変貴重でありがたいと思っています。
来年はたくさんの方々に作品を見ていただき
作家さん達とも
楽しく親睦を深めたいと思います。









しあわせを編む魔法の毛糸展



2020年 令和2年の幕開けイベントは梅村マルティナさんが気仙沼に立ち上げた毛糸会社KFSマルティナオパール毛糸とその製品販売展。

今年のKFS新色は、家族の笑顔シリーズに「となりのおばちゃん」「となりのおんちゃん」が加わりました。opalの絵画シリーズは、モネ でした。

市松模様編みの大判ストール↑メビウス スヌード↓ も販売でした。
平和の靴下も人気。
サイズがいろいろで手編み部分もあり沢山は作れないそうです。小原木のタコちゃんも、成り立ちや「繋ぐ」の
役目をしてくれる話をしながらいくつか育ての親の元に旅立ちました^_^
単色10gずつが可愛く並ぶ卵パック^_^
4回目となると、マルティナさんの毛糸で制作した作品を身につけて来場の方が増えてきました。オリジナルの自作セーターや残り毛糸をアレンジした小物など、みんな素敵でした。お客様同士で話も弾む楽しい販売会です。
全てドイツのOPAL毛糸ですが、カフェパパは気仙沼の応援の気持ちからスタートしたので、マルティナカラーとKFSの毛糸にこだわっています。
色の魅力だけでなく 編みやすい洗濯もできて型崩れしない。綺麗で楽しい!と、熱心なファンも多いので次回は、ファン同士が繋がる機会も考えたいなと思いました。
乞うご期待!

| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>