・・・ ArtSpace CafePaPa カフェパパ 便り・・・
/


     

アートスペース・カフェパパはカフェ付きレンタルスペースです。HPからのメルマガ登録で毎月展示などのお知らせをお送りしています。
HP  http://cafepapa.info/

かな書カフェ 教室展 終了!


彦惣夏枝さん主宰の
かな書カフェ

7年目、4回目の教室展です。

生徒さんも増えて、月1回教室ですが
第1.2の火曜に2枠クラスがあります。



いつもより2週間程早く満開になったモッコウバラが、
来場のみなさんをお迎え、お見送りしました。




かな書の基本を学びながら
後半の時間には、~暮らしを彩る書 ~として
毎月季節に合わせたテーマで
先生が用意してくださる素材を使って工作タイム(o^^o)


それぞれの個性や潜めていた?才能を発揮!
書を楽しむ様子が、作品に表れています。



和歌、俳句、百人一首など





先生の柔らかな発想による作品は
来場のみなさんに
感心!感動!笑顔がいっぱい!





12月には、毎年 箸袋。







本格的墨絵を学ばれている生徒さんは、
可愛いパンダ。



全員の作品を載せられず残念。
最後は扇面の三部作  先生の書





(同じ大きさです。)
美しい!!
憧れます!


先生、生徒のみなさま
ご来場の皆様


ありがとうございました。
  
スポンサーサイト

4月テラス


先日寒い日にタイツを履こうと
足を入れたら、
ブ~ン?!羽音と何かに触った(@_@
)外で振り回したら、
丸くて太った?大きな蜂が🐝‼️
いつから入っていたのかな?
嬉しそうに飛んでいきました。



洗濯取込みに要注意の季節(o^^o)
こんなに、花盛りになれば
蜂だって🐝蜜集めに忙しい季節です(^.^)



花盛り!のテラス。
次々花が咲き、実をつけ始めます。
モッコウバラも、今年は早い!!











チャリティーのご報告もう一つ


あしなが育英会から、
寄付へのお礼状が届きました。


被災地のレインボーハウス設立後は
心のケアやその支援、運営に利用され
子供達お役に立っています。

2018  あしながチャリティー


2018年  7回目のあしながチャリティー

バザー、コンサート、募金の全額を
あしなが育英会 東北大震災被災遺児へ
皆様の代表として、送金してきました。




たくさんのあしながさ~ん!!
ご協力 ありがとうございました❣️


今回は店頭の通り道に出したポスターを見て
「どんな物がいいのですか?」 と訊ねてから
持参してくださった方々が増えました


ご自分や友人の引越しの際、
寄付品にと とっておいたり運んでくださった方々。
手作り品を作ってくださった方々。


気にしていたり、思い出してくださった事が
嬉しかったです。

カフェパパの2人だけでは、できない事です。
ありがとうございました。









南三陸の海産物コーナー

被災地を周った時出会い頑張っている
たみ子さんを個人的に応援しています。
美味しくて良質で毎回人気です。





3日目のコンサート
プロの皆さんが賛同してくださり
お忙しいスケジュールの中 無償の協力です。

感謝あるのみ!!

被災地への同じ思いに
演奏中やそれぞれの合間のお話を
キッチン内から聞いて胸がいっぱいになります。












バザーに子供服などのコーナーがありました。
赤ちゃんを抱っこしている可愛いママと
ちょっとだけ、お話したら福島の方でした。

「福島の子供にも使われていると思いますよ」と、
言ったら「嬉しい。」と何度も言われました。

良かったな。        と思いました。

2012年春から毎年継続できてきたのも、
カフェパパの2人だけでしているわけじゃないからです。



1回目を始める時に決めています。

出来る事を、出来る範囲で .無理せず!

みんなで被災地を 
「忘れない。」「忘れていない。」

一緒の気持ちになって 続けたいと思います。




ありがとうございました。

3月11日


2011年から7年目の3月11日,
晴れ☀️

近くの中央公園で、出来立てのイベント
可愛い若々しく新鮮な
野外イベントに行きました。

昨年スタートした
ならしのスタディーズ
習志野市を楽しく魅力的にあれこれ
妄想?を話たり聞いたりする集まり。



(私はどこにいるでしょう?)

この集まりから、習志野市内の大学生を交えて
カフェや本屋さんも加わったコーナーに
家族連れが来て楽しんでいました。

平和な穏やかな広場。






1:00~京成津田沼駅に。



毎年、竹宵の会と3.11実行委員会の皆さんが
東日本大震災被災地への復興を願い主催。

2:46には、全員で黙祷をささげました。

このイベントに毎回参加されている
山田路子さんの篠笛演奏
立川かずささんのアカペラの歌
集まった方々の心に響きます。
東北にも、きっと届いています。





お2人は25日のコンサートに無償で参加してくださいます。




TEXTILE展中、出品参加者の
草木染作家・駒澤さんと
ちょうど来店された立川さんをお引き合わせし
イベントの日はいつも寒いのよね。 と話ていました。
それを聞いていて閃いた! 駒澤さんが
黒いドレスに合うショールを作って来てくれました!

被災地の商品にならなくなった反物を
再利用する活動をしていることも
立川さんは、お客様に伝えてくれました。
チャリティーの思いが、いろいろな人にいろいろな形になって繋がり
カフェパパでの小さな活動も
生かされて広がって嬉しいです。


主催者のご厚意で
チラシも配布させていただき、更に
出演のお2人にも、お知らせをしていただき
感謝!感謝!です。

残席も埋まり満席になりました。
23・.24のバザーと25日のコンサート。
みなさんの協力と賛同のお気持ちをしっかり
まとめて、被災地のお子さん達に送りたいと
思います。



最後は本日、最終日のスクエア展に移動。

毎年楽しみな スクエア展。
作品、お人柄 両方好きな作家さん達が
出品しています。



釘本 緑 さん
私と主人の色鉛筆画の先生です。



荒井 惠子さん
墨の奥深い色。表情。いつまで見ていても
飽きない魅力があります。



忍足 (おしだり)博子さん
和紙にペイントをベースにしたコラージュ作品
あか の色の奥に深い意味合いが含まれています



AGARHI さん
書。毎回 今年はどんな作品?  とても楽しみ。
いつも作品の表現が違い 、深い意味や
来場者参加型で完成するアイデアがあって
説明を聞くのが楽しみです。



説明を聞いたいくつかの作品。

表現は違っても、生と死、輪廻、無常、、、

「今を生きる」「生かされている今」
強いパワーとメッセージを感じました。



2018 ;3.11は、
平和な公園からはじまり、
心を一つに黙祷し
お知らせをたくさをしていただき感謝し
1日にたくさんの友人、知人に会えました。


ありがとう!  とたくさん言ったり
思った1日でした。


そんな今日をまた何かに繋げていけたらと
思います。



| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>