FC2ブログ

・・・ ArtSpace CafePaPa カフェパパ 便り・・・
/


     

7/24~29 「鍛鉄」西田光男 PAGEON 展

アートスペース・カフェパパはカフェ付きレンタルスペースです。HPからのメルマガ登録で毎月展示などのお知らせをお送りしています。
HP  http://cafepapa.info/

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oh Daddy don't tip


パパ ひっくりかえらないで!



見たこと、あるでしょ。
夏のカフェパパで。



茅ヶ崎在住の水彩画家 
かとう くみ さんの原画です。


大好きな作品は、
大好きになってしまう作家さんが制作すると
確信している私ですが、


原画を所持し、毎年夏に飾れるって幸せ!


この絵の隅々に感動して目が離れなくなり
かとくみ さんに直談判したのでした。



冷たい水の中の気持ち良さ
水滴も弾き飛ばすほど、熱った肌

透明の大きな浮き輪に、どっしり身を任せて
浮かんでいるDaddy,

描かれていない南国の太陽、そよぐ風
ブールサイドにいる子供のはしゃぐ声
パラソルの下で微笑んでいる奥さん^_^

私には見えるし、聞こえます。



冷たさとジリジリの熱さを肌に感じながら
日常から離れ  な~~んにも考えず
心地よく空っぽになれる至福の時間。


スタイルのいい若い女性や
日焼けしたカッコイイ男性でも ダメ!


人生半ばを過ぎた重みごと
浮き輪に乗せているDaddyだからいい!



何回見ても飽きず、
なんども感心し
なんども、かとくみさんを
尊敬してしまうのです。



ウェブサイト 8月のコラムに
Daddy が載っている事を
かとくみさんが 教えてくれました!





スポンサーサイト

フジコ・ヘミングの事


面白そうな本、気になる本が
あるかな~?と、
書店でビンとくる本探しをする事があります。

つい最近選んだ本


14才の絵日記です。

この本を手にとった理由。

亡くなった母の枕元にあり、
フジコ・ヘミングのCDが数枚ありました。
今は私の枕元にあります。


母の思い出とも、重なる人です。

読み終える前に、偶然 映画が上映中
しかも明日で終了と知り、見てきました。


数々の困難を乗り越えてきた人生や
各国での暮らしとコンサートなど
2年間を追ったドキュメンタリー映画。

可愛い趣味、動物を愛する暮らしや
音楽、演奏に対する揺るぎないポリシー。


母と一緒に見たかったな。
どんなところに惹かれていたのかな?


眠れぬ夜に目を閉じて聴いている母が浮かぶ
「月光」


全身全霊をかけて弾くという
「ラ・カンパネラ」


ラストの方で、ほぼフルバージョンの
演奏は 間近で聴いて見ているよう。


その圧巻の演奏にちょっと泣きそうになりました。


もう一度見たい!
生の演奏会にも行ってみたい。


アートでも、音楽でも
人を感じる事ができなければ
心に響く感動にはならない。


タイプライターじゃないんだから
少し間違えることより、
その人の色、そのものが出る事が大事。


各国の街並みを歩いている途中
ホームレスに少しお金をあげる場面がある。
神様は素通りしてはいけないと言っている。
エンジェルが私に何か試しているのかも。と。

試練や出会いには
何か意味があるって思っている
思うようにしている人。

80年生きてきた人の厚み。
重ねてきたものと、変わらずにきたものの
全てが、今の魅力につながっているのだと
全編から感じます。






私の初めてのスウェーデン旅行は
10年以上前でした。

帰国した成田空港で、5mくらい前を あれ?
父親がスウェーデン人の
フジコ・ヘミングでした。

同じ便で帰国だったんですね。


母が好きだと、早く知っていたら、
「サインをいただきたいのですが。」

と、お願いしていたと思います。




今夜は、  「月光」   を聴いて寝よう 。

しまんと新聞ばっぐ1回目


四万十川の環境保護、もったいない!

エコ活動から
しまんと新聞ばっぐ   は、生まれました。

何かに利用することもあるけれど たいていは
毎日読む新聞は翌日古いもの、不用のもの。


もう一度蘇る、しっかりしたばっぐに変身!

新聞紙面に掲載されている広告を
楽しく、カッコよく、ユーモアを加えて再利用!



接着剤にも拘りがあり、
最後に燃やす時に、自然に還る
でんぶんのり を使用。


サイズもいろいろあり
作る人のセンス、アイデアが光ります!




8人でワイワイ、ときどきし~ん。と集中。
楽しいワークショップでした。






次回も全員参加の満員御礼!です(o^^o)


鍛鉄作品 紹介   その2


温かく、優しく、可愛く、ユーモアたっぷりの
動物と一緒に6日間過ごしていたら、
いろいろなお話が浮かびました。


3匹のネズミちゃんが、もらわれていき
それぞれついた名前を教えてもらっています。
早くも可愛がっていただけて良かった。


「 チュータとお友達 」


ブラキオサウルスのモモノスケくんと
トラックに乗ってきたよ。


ここはどこだろうね。
小さい子が君をみてビックリしてる。
僕には、気がつかないみたい^_^


ここがカフェパパなんだね。
みんなお部屋にいるから
僕も行かなきゃ!


こんにちは。トリケラトプスさん。
僕の名前は、チュータです。
よろしくね。


ステゴザウルスさん、
ティラノサウルスさん
どうやったら、強くなるの?


どこから、飛んできたの?


ねぇねぇ  くまさん  起きて~。


ゆらゆら    おもしろそう。
次は僕に乗らせてね。


あれって   ハエ?     美味しいの?


ハリネズミさんとはお友達だよ。


僕もお手伝いする!


チュータくんは、いい子ね。


お花が好きなんだ(o^^o)


いい匂いがするよ。


新しいお家が決まった チュータくん。
みんなでチュータくんのお祝いをしよ~う!

フクロウや鹿の親子 うさぎや
カタツムリやヤモリもカブトムシ達も
みんなで夜中に楽しいパーティーをしていたかも。



4回見に来た男の子が、毎回
昨日と違う! と言っていましたから(o^^o)


主演      ピカ・チュータ
助演 PAGEONEの仲間たち

(西田さんとチュータのお家の許可を頂いています)

鍛鉄 西田光男 PAGEONE 展  その1




秩父に 工房PAGEONEを持つ
西田光男さんが、ブラキオサウルスと
100点以上の作品をトラックに乗せて
カフェパパに来てくれました。



そして、カフェパパのテラスで
6日間の滞在。背中のラインが美しい!




公募でついた名前は、 モモノスケ(o^^o)

他の恐竜ですが、西田さんはトラックに乗せて
気仙沼や女川など、跡形も無くなった
幼稚園や公園でたくさんの子ども達を
笑顔にしてきました。




西田さんとPAGEONEのスタッフのみなさん




ハチドリ、窓辺に
ステゴザウルス、トリケラトプス
最強ティラノサウルス
窓の外から、ブラキオサウルスが(o^^o)


触れると、やじろべえのように静かに揺れる
花瓶も素敵!





テラスの恐竜のそばには、
子供、家族、大人、が
びっくり興味津々。
みんな恐竜が大好き!


「写しましょうか?」

たくさんシャッター押しました。
西田さんも何回も外に出てきて撮影に参加。



笑顔が溢れた 6日でした。

鉄を使って、「喜びをつくる」 という
西田さん。


温かく、柔らかく、優しく、可愛い鉄?!

初めての方は、
「 鉄  」 のイメージが、すっかり
変わったのではないでしょうか?


日曜日。展示会終了。

美しい満月の下のモモノスケ。
台風も寄せ付けず、凛として佇んでいた
モモノスケ。

カッコよかったです。

毎日在廊してくださり、
スクリーンで各地に点在している作品を
紹介してくださった西田さん。

ありがとうございました。




いなくなって、ちょっと淋しいよ。
また、あったら、撫でたいです(o^^o)





続きの物語風ブログも見てくださ~い。 
可愛いです。


| menmiの晴れたらいいね♪ (ArtSpace CafePaPa)ホーム | 次のページ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。